せーブログ

買物する際にお得かどうか調べちゃうくせに後で同じ事を調べ直してばっかり。なので記録を残す事に。似た状況の人の轍になれれば

AppleCareが高いのでクレジットカードの携行品損害保険を検討する

f:id:kuiperbelt:20180129144006p:plain

(最終更新日:2018/11/19)

はい、今日はiPhoneの保険について。

AppleCareが年々高くなっている

本体価格が10万円超えとなったので当然と言えばなんですが月額が高い。現在はこんな感じ。

AppleCareの月額

iPhone Xの場合 1,190円
iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plus、iPhone 6s Plus、iPhone 6 Plusの場合 890円
iPhone 8iPhone 7、iPhone 6s、iPhone 6の場合 790円
iPhone SEの場合 707円

AppleCare+ & au端末サポート | サービス・エリア | iPhone | au


月1,190円ってすごいな!iPhone5の頃は400円台だったはずで約3倍です。1人ならともかく4人家族なら月4,760円にもなります。

我が家のAppleCare月額

確認したら我が家はiPhone7とiPhone6の2台で648円と0円でした。気づいてなかったけどiPhone6は保証が切れた状態だった。現在のAppleCare+は通常の2年に延長の2年で4年継続する事が可能ですが当時は無かったようで今からは入れません。買い換えるし高いと思ってるので加入できなくても問題ないけど継続したい人は要注意です。

AppleCareのメリット

改めて考えるとAppleCare最大のメリットはやはりエクスプレス交換サービスだと思います。

エクスプレス交換サービス

●修理・交換の方法
(エクスプレス交換サービス)
交換品(本体・アクセサリ)をお申し込みから数日でお届け

エクスプレス交換サービスは故障状況に関わらずとりあえず新品と交換しちゃうよ!って感じのサービスです。

修理の見積もりを取るまでの時間も修理するか買い換えるか悩む時間もない。そこにお金を払う価値があると思うならAppleCareで問題ないです。自分も修理代が無料or安くなるから加入していたというよりこの対応の速さで選んでいました。

バッテリー交換では利用出来ない

(追記:2018/10/07)
エクスプレス交換サービスはあくまで修理なのでバッテリー交換では利用出来ません。2018年12月までは希望者全員、格安もしくは無料でバッテリー交換をAppleが行っていますがその場合はジーニアスバー等の受付窓口まで行く必要があります。
 
サポートに電話で聞きましたがその場でオンライン診断が可能でそこでハード的な故障が発覚しない限り申し込んだところで突き返されるだけなのでご注意ください。オンライン診断を受けなくても修理窓口で同じ診断をするので結果は同じです。送る手間と送り返されるまでの時間が余分にかかるだけなので事前にオンライン診断でチェックするのが良さそうです。自分のiPhoneバッテリーは劣化度81%という事で80%未満は要交換という事でしたが今年はバッテリー交換プログラムがあるので希望すれば劣化度に関わらず交換可能という事でした。

バッテリー交換中の時間のつぶし方に注意

先日予約して銀座まで行きましたが平日午後にも関わらず混雑していました。受付自体は15分程度ですが交換作業は2時間半待ちだったので一旦帰れる距離でない人は注意が必要です。
 
「どこかのカフェに入って時間を潰すか…」となったとしてもスマホが無い状態なので本を持参する等「スマホなしで待ち時間をどう過ごすか?」を決めてから行きましょう。
 
「待ち時間の間に銀座で買い物でもしようかな?」もちょっと危ないです。ネットで他店の価格や在庫状況を見たり、買い物する時って意外とスマホを使ってる可能性があります。受取自体はすぐに呼ばれて受け取れるので10分以内でした。
(追記:2018/10/07 ここまで)

iPhone5から5年間で利用実績なし

自分は5年間ずっと加入していますが壊した事が無いので利用した事は無いです。利用実績が無いのは良い事なんですが無駄なコストとも言える。

保険はあくまで保険なので本来は「iPhoneを壊してしまった時に買い換える費用をまかなう」為にだけあるべきでエクスプレス交換サービスは贅沢品かもしれない。

携行品損害保険とは

多くの携行品損害保険はスマホやPCは対象外となっていますが以下で紹介する保険はいずれも対象です。

セゾンカード

hoken.saisoncard.co.jp

お買物安心プラン 充実コース[Y]
  • 保険料:月額 300円
補償内容 セゾンカードで購入した商品で、購入日から180日間の破損・盗難 補償限度額 100万円[自己負担額 1,000円]
携行品の破損・盗難 補償限度額 10万円(現金3万円)[自己負担額 1,000円]

2つ目の方でスマホが補償されるので自動付帯*1ですし180日の期間もありません。時価を上限に補償という事ですが電話で確認したところ、時価減価償却費年10%を引いた額だそうです。ググると支払われた人の実績がちらほらヒットします。

JA共済

yaku-men.com

  • 賠償責任共済の個人賠責:年1,430円
  • 賠償責任共済の携行品損害:年3,400円
  • 保険料:4,830円(月額約403円)
  • 携行品損害は世帯単位でカバーされる保険

携行品損害だけの保険は無いので個人賠責にも加入する必要がありますがそれでも月403円です。2年契約にすると387円になるそうですが公式サイトでの記載は見つけられませんでした。またネットでの申し込みが無いので直接窓口で契約する必要があります。自動更新も無し。何度も窓口に行くのは大変なのでその点でも2年契約が良さそう。

  • 窓口でしか契約出来ない
  • 自動更新も無いので更新も窓口
  • どのぐらい支払われるのか実績クチコミがほとんど無い

こういったデメリットもありますが世帯単位でカバーされるので家族がスマホを壊しても保険が支払われるのがすごい。

AIG損害保険

lily-haha.com

  • 保険料:年間2,740円(月額約229円)


こちらも窓口でのみ契約可能です。JA共済と同様に支払われたって人の話は見つけられませんでした。

まとめ

  • 家族全員分を月額229円でカバー出来るAIG損害保険が最強
  • 次点でJA共済(家族全員月額387円)
  • AIG損保JA共済も窓口でしか契約が出来ない
  • また、上記2点は支払われた実績レビューが出てない
  • さらに加入すら断られてる店舗があるので支払いとなると渋られるリスクあり?
  • となると支払い実績のあるセゾン(1人月額300円)が良さげ

自分は知り合いで実際に支払われた人がいるのでセゾンカードを作って月額300円を払う事にしました。電話して必要書類を提出したらあっさり振り込まれたとの事です。

セゾンカードを作るなら

せっかくなのでハピタス経由でセゾンカードを発行してポイントを貰いましょう。ハピタスのCMは仮想通貨が盗難被害に遭ったコインチェックCMにも出ていた出川さんが出演。

(追記:2018/10/28)
CM期間が終了したようなので動画は削除しました。
 
また、2018年10月28日現在だとハピタスからのセゾンカード発行はポイント額が減少しているので注意。
もともと家族がハピタス経由で発行(8,050円)しましたが自分は先月『えんためねっと』から発行(15,000円利用で10,000円)しました。このように常にポイント額は変動しているので

  • 特に急いでいない時
  • 新たなポイントサイトへの登録が手間と感じない時

であればどこ得ポイント獲得ナビでタイミングを見計らうと良いです。

現時点だとGポイント9,000円です。発行月の翌月までに5,000円ショッピング利用する必要がありますが5,000円という条件は低い方です。ありがちなキャッシング枠に関する制限 *2 はありません。以下のバナーをクリックして登録すると50円ですが余分に貰えます。

Gポイント

(追記:2018/10/28 ここまで)


f:id:kuiperbelt:20180129140328p:plain:w600

MUJIカードもセゾンなので携行品損害保険に入れますがセゾンカードインターナショナルの方が多くポイントが貰えてお得。

「ショッピング」となっている方が貰えるポイントが多いですが「入会月の翌月末までに合計5万円(税込)以上のショッピング利用した場合」という条件が厳しいので直近で5万円以上の買い物が無いなら止めておきましょう。携帯代やら水光熱費などの支払いを全て切り替えても翌月末までに間に合わない可能性があります。8,050ポイントを選べばセゾンカードを作るだけで貰えます。

ハピタスの加入は以下の画像リンクからどうぞ。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

*1:スマホ購入時にセゾンカードを使用していなくても可

*2:10万円を設定して下さい等