読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せーブログ

買物する際にお得かどうか調べちゃうくせに後で同じ事を調べ直してばっかり。なので記録を残す事に。似た状況の人の轍になれれば

楽天でエントリーすべきキャンペーンかどうか瞬時に見分ける方法




 
はい、今日は楽天のキャンペーンについて。

エントリーが必要なキャンペーン

楽天に限りませんがエントリーしないとポイントが貰えないキャンペーンがあります。しかし数が多すぎる為、全てのキャンペーンをチェックするのは時間がかかってしまいます。ましてや10円や20円しか貰えないとなると寝てた方がマシです。そこでざっくりと見極める方法をまとめておきます。

次の単語が入っていたら読まずに無視する

  1. キャッシング
  2. リボ
  3. 分割
  4. ローン
  5. ゴールドカード・プレミアムカード
  6. バイ
  7. 格安SIM
  8. 保険
  9. Edy
  10. 楽天ペイアプリ

これらの単語が入っているキャンペーンは読まずに無視しましょう。たったこれだけです。お得なケースもありますが余分な出費や手間がかかるケースしか無いです。陸マイラーぐらい頑張れる人でないなら無視に限ります。ついでなので今月(2017年02月)で参加すべきキャンペーンがあるかどうかを見てみます。

参加すべきキャンペーン

2017年02月で言うとありません。

参加しても良いキャンペーン

2017年02月で言うと以下の3つのみです。

顧客満足度第1位受賞記念キャンペーン

f:id:kuiperbelt:20170213122433p:plain
https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/members/campaign/entry.xhtml?camc=133916

  1. 期間中に楽天カードで合計1,000円以上カードショッピング
  2. 抽選で1,000名に3,939ポイントプレゼント

ハードルが低いので「参加すべき」としても良さそうですが「参加しても良い」とします。「すべき」にしない理由は後述しますが確率の問題です。

街で楽天カードを20,000円以上利用

f:id:kuiperbelt:20170213142307p:plain
https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/members/campaign/entry.xhtml?camc=133819

  1. 楽天カードを街で合計20,000円以上
  2. 抽選で500名に10,000ポイントプレゼント

「街で」というのは「楽天グループ以外で」という意味だそうで以外であればケータイ代や公共料金の引落しも対象になるようでハードルは低い。しかしこれまた確率がネック。

楽天市場楽天カードを5,000円以上利用

f:id:kuiperbelt:20170213105821p:plain
https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/members/campaign/entry.xhtml?camc=133980

楽天市場で5,000円以上の買い物をするだけで10,000円分のポイントプレゼントの対象となるのでハードルは低いのですが抽選という文字がポイントです。

  1. 楽天市場で5,000円以上の買い物
  2. 10,000ポイント
  3. 抽選で100名に当たる

楽天カードは発行数が多いので抽選ならまず当たらないと思え

はい、ここで楽天カードの発行数を確認します。

楽天カード会員数が1,200万人(2015年11月時点)を突破しましたので、お知らせいたします。
 
楽天株式会社:  楽天カードの会員数が1,200万人を突破 | ニュース

1年以上前の時点(2015年11月)で1,200万人です。このうち10分の1がキャンペーンに参加したと仮定して120万人。当選確率は0.0008%です。「12万人に1人しか当たらない」と言った方が伝わるかな?
 
ざっくり半分としましたが仮に楽天カード保持者の半数が参加してたら60万人に1人しか当たりません。60万人て。とは言ってもエントリーだけならそこまで手間はかからないので「参加しても良い」としました。このキャンペーンの対象となる為に5,000円以上の買い物をするのは絶対ダメです。エントリーだけしておいて後は忘れましょう。たまたま買い物して対象になったらラッキーぐらいの感覚で良い。

宝くじで100万円が当たる確率より低い?

宝くじの5等は3,000円です。このぐらいだと当たった事がある人もいると思います。自分も何度か当たっています。この宝くじ5等の当選確率は1%と言われています。100人に1人です。
 
でもこれ1枚しか買わなかった時の数字なんですよね。宝くじって大半の人が10枚単位で買いますよね?10枚だと当選確率は10%近いんです。思ったより高いと思いませんか?10人に1人が当たる割にはあまり見ない気がします。
 
3等の100万円が当たる確率は0.001%と言われています。10,000人に1人。当る気がしない。これより低い確率なのが楽天キャンペーンにおける抽選で100名様です。

  当選確率  
宝くじ10枚買って5等が当たる確率 9.5618% 10人に1人
宝くじ1枚買って5等が当たる確率 1.0000% 100人に1人
宝くじ10枚買って3等が当たる確率 0.0099% 10,000人に1人
楽天カードの抽選1,000名 0.0083% 12,000人に1人
楽天カードの抽選500名 0.0042% 24,000人に1人
楽天カードの抽選100名 0.0008% 120,000人に1人

※カード発行数の10分の1に当る120万人がエントリーしたと仮定した場合


並べてみるといかに当選確率の低いキャンペーンか理解しやすい。ちなみに自分は楽天の1,000名様に1,000ポイントプレゼントというキャンペーンに当選した事があります。12,000人に1人!すごい!でもなんかすごい無駄なところで運を使ってしまった感じ…。この運を宝くじに使えていたら100万円ゲットしていたのでは無いかー!

無視ワードが入っていないが無視すべきキャンペーン

楽天市場楽天カードを合計15,000円以上利用

f:id:kuiperbelt:20170213142340p:plain
https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/members/campaign/entry.xhtml?camc=133916

  1. 楽天市場楽天カードを合計15,000円以上利用
  2. 楽天カードを街で利用するとポイントが1.5倍~2倍

 
これは一見すると良さそうですが全くお得じゃないです。街で楽天カードを利用と言うのは前述の通り、ケータイや公共料金の引落しも含まれるとして例えば月5万円だったとすると1%である500円が750円になる程度です。15,000円使って250円程度だと寝てた方がマシです。
 
月10,000円なら100円が150円になるだけで50円しか増えません。ポイントX倍ってキャンペーンはお得じゃないケースが多い。

お買い物マラソン前後の買い物

f:id:kuiperbelt:20170213110438p:plain
https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/members/campaign/entry.xhtml?camc=133959

これも一見すると良さそうですが全くお得じゃないです。お買い物マラソンは当ブログで何度もプッシュしていますが最近はエントリー不要です。じゃあこのキャンペーンは何か?

f:id:kuiperbelt:20170213120051p:plain

  1. お買い物マラソン前の2日間で買い物するとポイントがプラス2倍
  2. お買い物マラソン後の2日間で買い物するとポイントがプラス2倍
  3. 両方を満たすと足したプラス4倍ではなくプラス7倍

 
お買い物マラソンの前後は売上が落ちるのでその期間も買わせようとする罠です!ポイントの試算をするまでもなくこんなにたくさん買ってられない。楽天お買い物マラソンは賢く使えば非常にお得ですがまとまった買い物がある時だけがお得なので期間の前後は買い物を絞るしか無いんです。

まとめ

  1. 無視ワードが入っていたら無視
  2. 当選者数が1,000名未満は無視
  3. 500ポイント未満は無視
  4. ポイントX倍は無視

当たった事のある身からしても楽天のキャンペーンは全て無視しても良いぐらいですね。お買い物マラソンや買いまわりキャンペーンは頑張ると結構な破壊力があるので気になる方は関連エントリをご覧ください。