せーブログ

買物する際にお得かどうか調べちゃうくせに後で同じ事を調べ直してばっかり。なので記録を残す事に。似た状況の人の轍になれれば

2016年5月楽天の買い回り結果(7,785ポイント)と検算

楽天 買い回り 結果

はい、今日は楽天の買い回りというキャンペーンにチャレンジした結果の話。

目次

買い回りで貰えたポイント

タイトルや画像で見せちゃってますが

7,785ポイント

でした。以下で書いたように先月は楽天お買いものマラソンで買い回りにチャレンジしました。
kuiperbelt.hatenablog.jp

試算では7,500ポイントぐらいの予定だったのに何故か10,000ポイントを超えて付与されていたので何事かと思いましたが内訳を見ると別のキャンペーン付与分でした。でも念の為に検算してみます。

通常ポイント

楽天市場で買い物するだけで支払い方法に関わらず*1入るポイントです。

店舗数 購入額 付与ポイント
1店舗目 67,000 670
2店舗目 2,300 345
3店舗目 1,700 17
4店舗目 1,080 10
5店舗目 1,100 11
6店舗目 1,100 11
7店舗目 3,300 33
8店舗目 1,700 51
9店舗目 4,800 48
10店舗目 2,500 25
合計 86,580 1,221

一応計算しましたがこの1,221ポイントは上記の10,326ポイントに含まれません。全く気付いてませんでしたが2店舗目は15倍で8店舗目は3倍だったようです。

通常ポイントは買い回りの計算に使われない

自分も勘違いしていましたが買い回りでは上記の1,221ポイントが何倍にもなるわけじゃないんですね。買い回り計算で使う基礎となるポイントは全て1%で計算するので2店舗目や8店舗目のようなその店独自の特別ポイントは除外しないといけない

買い回りの基礎となるポイントを計算する

店舗数 購入額 1%分
1店舗目 67,000 670
2店舗目 2,300 23
3店舗目 1,700 17
4店舗目 1,080 10
5店舗目 1,100 11
6店舗目 1,100 11
7店舗目 3,300 33
8店舗目 1,700 17
9店舗目 4,800 48
10店舗目 2,500 25
合計 86,580 865

各店舗での買い物ごとに1%が基礎ポイントとなります。今回は合計865ポイントでした。これを元に次で計算します。

買い回り店舗数は利用店舗数から1を引く

10店舗利用なので×10としたいところですが1倍分は通常ポイントとして付与されるので除外される仕組みです。今回の例で言えば

10-1=9店舗

となります。

買い回り基礎ポイントに買い回り店舗数を掛け算する

楽天 買い回り お買い物マラソン スーパーSALE

865×(10-1)=7,785ポイント

この7,785ポイントが買い回りをした事で余分にもらえたポイントです。買い回りしなかったら7,785ポイントが0ポイントとなり約8,000円をもらい損ねます。

注意点

貰えるポイントは期間限定(1か月半)

7,785ポイントは期間限定ポイントで有効期間は1か月半です。その間に使わないと消えるポイントです。買い回りでたくさん買い物したのに次の買い物も予定する必要があるという事です。そんなに買い物たくさん無いよ!って人はお寿司を食べましょう。


楽天デリバリーならお寿司をポイントで食べられます。


お酒でもいいですね。



*1:楽天カードを使わなくても