せーブログ

買物する際にお得かどうか調べちゃうくせに後で同じ事を調べ直してばっかり。なので記録を残す事に。似た状況の人の轍になれれば

西川の羽毛布団選び2013冬の陣

f:id:kuiperbelt:20170124214920p:plain
長く使っていた羽毛布団がへたって来たので買い換えを検討。めんどくさいので絞り込みはざっくり。

目次

乱立している西川

敷布団が西川のムアツ布団を使っていてなかなか良かったので西川に絞る。が、西川と言ってもどの西川か?で混乱したのでまとめる。

  • 株式会社西川(日本橋西川)
  • 株式会社心斎橋西川(心斎橋西川)
  • 西川リビング株式会社(旧・大阪西川)
  • 株式会社京都西川
  • 昭和西川株式会社(代表取締役:西川恵)

西川産業 - Wikipedia

一応どれも系列だがフランチャイズではなくボランタリー・チェーンであってバラバラの経営。一瞬、一澤帆布みたいなお家騒動からの派生を想像したけど歴史が古い(1566年創業・江戸時代に東京誕生)ので仮にそうだとしてもさすがにドタバタは終わってそう。

じゃあ西川のムアツふとんってどこの西川だよ?って話。メインは昭和西川東京西川にも売っているが京都西川心斎橋西川西川リビング(大阪西川)では売っていない。

昭和西川 ムアツふとん扱い有り
東京西川 ムアツふとん扱い有り
京都西川 ムアツふとん扱い無し
心斎橋西川 ムアツふとん扱い無し
西川リビング(大阪西川) ムアツふとん扱い無し

京都西川はちょっと敬遠

寝具老舗「京都西川」が、またやらかした。先週、タオルケットの品質誤表示が発覚したと思ったら、今度は敷布団、掛け布団約8万2000枚を回収、交換すると発表した。

近年ちょくちょく不祥事が起こっているのは京都西川でちょっとパス。

東京西川

東京西川はオンラインショップで羽毛布団を売っていなくてキングカズを広告に起用したエアーというマットレスを推してるが商品情報には載っている。羽毛布団はDAY and DAYってブランドがあって

  • DD8010
  • DD8020
  • DD8030

という3ライン展開。これは数字が上がるほどダウンの割合が

  • 90%
  • 93%
  • 95%

と上がって値段も高くなる。過去にいくつか使った感想として95%と90%の違いが価格差ほどはない。同じDD8010でも3種類あるのは羽毛布団、羽毛合掛けふとん、羽毛肌掛けふとん、という3種類で羽毛の割合はそのままに量が

  • 1.3kg
  • 0.8kg
  • 0.4kg

と下がっていく。もちろん値段も下がる。わかりにくいからDD90、DD93、DD95の3ラインでそれぞれDD90-1300、DD90-800、DD90-400って「名前+割合+重さ」な名前にしろよって思うけど新しいDD90を作った時の型番の区別がつかない!どうするんだ!って話になるので仕方ない。

昭和西川

オンラインショップが頑張ってる感じなのは昭和西川だけど羽毛布団のラインアップが微妙。フランス産やウクライナ産の羽毛はともかくメジャーなポーランド産になると羽毛(ダウン)と羽根(フェザー)の割合が一気に下がっていて最低限の割合を確保しつつ安い羽毛布団が欲しい奴はポーランド以外にしとけって感じ(言い過ぎ)。

羽毛布団のスペック比較

あ、羽毛布団のスペック比較については以下のページが良い。
羽毛布団の選び方。品質表示票の行間を読む
ただし、知識があっても意味がないケースもあってそこらのショップで情報開示されているのは

  1. 産地:ポーランドハンガリー・ドイツ・カナダ
  2. 羽毛の種類:ダックダウン>グースダウン>マザーグース>上質マザーグース*1
  3. 羽毛(ダウン)と羽根(フェザー)の割合:90%が最低ライン
  4. かさ高orダウンパワー:160mm又は350cm3/gが最低ライン
  5. 羽毛の重さ:シングル1.2kg以上

とこの程度なのでこれだけ押さえていればいいかも。あ、寒がりな人を基準にしてます。自分はそこまで寒がりではないのでこの基準より下(85%とか)でも間に合いそう。ちなみに「マザーグースはダウン率93%以上でダウンパワー440cm3/g(かさ高180mm)以上の品質」が基準なのでマザーグースと書かれていてもそれらの数値が基準に合致していなければ信用ならない商品、会社って事だねえ。

いくつかピックアップ

って事で選んだのはこれ。

意外と安いなーって思ったけどこれホワイトダックでホワイトグースじゃないせいか。ホワイトグースだとこれだ。
いやでも子どもが夜中に寝ぼけて人の布団に入ってくるし時には奪われるからホワイトダックのダブルにしてみよっかな。

2013/10/15追記

ネットで購入する前に近所のお店でもチェックしておこうと思ったら安くていいのがあったのでそこで買ってしまった。ダブルは干すのが大変という結論に達したのでシングルロング。まったく同じ商品がネット上で見つからないけど近いのはこれ。

5,000円近く高いけどキルトの形状がより温かくなるよう工夫されてる(NEWツインスペースキルト二層タイプ)のと詰め物の総量が1.2kgなので100g多い。買ったのは1.1kgでそこは1.2〜1.3kgがいいなと思ったけど無くてまあその分ちょっと高くなるから別にいいかと決めたらまあ案の定。お店にあったら価格差ほどの効果を期待してそっちを買うべきかどうか悩んで決めるまで時間がかかったと思うから無くて良かったのかもしれない。

*1:不等号の使い方がわかりにくいけど右に行くほど良い羽毛