読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せーブログ

買物する際にお得かどうか調べちゃうくせに後で同じ事を調べ直してばっかり。なので記録を残す事に。似た状況の人の轍になれれば

学童からおやつを奪ったすくすくスクール

東京都江戸川区が、児童の放課後対象事業「すくすくスクール」で出していた補食を平成25年度から廃止することを決め、保護者の間に反発が広がっている。区は廃止によって25年度で約5500万円の財政削減が見込めるとしているが、保護者側は「他にも無駄遣いはある。子供を狙い撃ちにしている」などと訴え、廃止の撤回を区に求めている。

全然知らなかったけどモメてるらしい。すくすくスクールってのは昔からある学童と似てるけどちょっと別の制度で息子の小学校でもやってます。学童の実態を昔も今も知らないので比較は出来ませんが区のホームページに説明が書いてある。

すくすくスクールとは 江戸川区ホームページ

右側のメニューで活動内容がわかります。放課後に学校で運動するのは昔も出来てました。校庭開放。けど先生というか大人は用務員さんが残った雑務を片付けてる時にいる程度。それがこのすくすくスクールではちゃんと専任スタッフがいてくれる。スタッフといってもボランティアがほとんどって聞いた気がする。

だからそれを初めて聞いた時の感想は「江戸川区やるじゃん」でした。それがこんな問題を引き起こしていたとは。そして保護者の反発に対して他の人たちのよくある脊髄反射なコメントたちはこちら。

3 名前:ボルネオウンピョウ(東京都) :2013/02/27(水) 13:07:37.27 ID:932+rPf30
>子供は給食を食べてから午後6時まで水分しか取れなくなる
別にいいだろ

「子供が水しか飲めなくなる」…学童の“おやつ廃止”で保護者反発 : アルファルファモザイク

貧乏人が税金にたかって騒いでるだけ、って扱い。確かに最初のニュース記事からはそう読める。でもそんな単純な話じゃない。

「おやつ代ぐらい負担しろ」参考記事を読まない「おやつ反対派」たち

江戸川区が「学童のおやつ廃止」 ネット上の意見に見る格差社会の“偏見”|ザ・世論〜日本人の気持ち〜|ダイヤモンド・オンライン

まあ最初に挙げた記事の書き方がダメなんだけどね。なんかこう悪意を感じる書き方だよねえ。廃止ありきというか。要点を箇条書きにする。

  • 税金でおやつだと!→月1,700円払ってる
  • そもそも何故おやつ?→共働き家庭で夕飯まで親がいない
  • 家におやつ用意しておけば?→学童に預ける事で安全が確保されているのに家て
  • 学童におやつ持って行けば?→学校だからダメって学校が言う

廃止に至るまでも色々あった模様。

  • 放課後、学童に行けばすぐおやつが食べられていた
  • すくすくスクール始まる。おやつは無い
  • 不公平だ!
  • じゃあ17時以降に出します(すくすくは17時まで)

めんどくさいなあ。完全な平等なんて存在しないよ。誰だよ不公平なんて言い出したのは。おやつを自分の子どもにもあげたいなら学童費用払って学童に入れてやればいいのに。でもまあこの妥協でなんとかなってた。なのに今年1月に江戸川区教育委員会が廃止通知で4月から無くなるそうだ。もう数日後じゃないか。

江戸川区側の言い分も二転三転して廃止って結論ありきなんだよなあ。こんな図が出来てた。


つまり学童事業はすくすく事業の「一部」であり、補食提供は学童業務の「一部」な、という、二重の入れ子構造になっていますので、すくすくスタッフの皆さんは、すくすく全体の業務の中の、ごく一部として、補食提供に従事されています。

そこに、人件費の明確な「区別」などつけにくいということです。考えれば、誰でもわかることです。補食を廃止したいがための、あまりに無理やりな拡大解釈です。

江戸川区・学童補食の継続を願う会: 【わかりやすい図解付き】やっぱり…「補食廃止 イコール 4500万円削減効果」じゃないんじゃないの…?おしえて江戸川区さん!

というかこの江戸川区・学童補食の継続を願う会ってサイトすごいな。そもそも共働きで忙しいから学童を利用してるんだろうに何故こんな事に時間を割く羽目になっているのかっていう本末転倒ぶりもすごい。当然その本末転倒を産み出してるのは行政側だし時間が無いから泣き寝入りなんてしてるとそこを狙った福祉カットが横行しちゃうもんなあ。

今の時点でおやつを食べている子は、保護者の迎えが17時を大きく過ぎた時間になる家庭だ。それは「すくすくスクール」全体の登録児童の中ではごく限られた割合に過ぎない。データからみると、おそらく5%程度だろう。学童保育として実施してきたものを「全児童」に対して受け入れ拡大することで、学童保育所に通う子どもは「特別な便宜を受けている子」とされ、おやつを求める保護者も「特別な一部の保護者」とされ、「保護者の総意とは違う」と片付けられる。

5%かあ。マイノリティは迫害される運命だからなあ。江戸川区全体の予算規模を考えてパレートの法則を思い出せば1,000万とか4,500万を削ったところで効果は無いに等しいんだよね。学童を利用してない我が家からしてもすくすくスクールが発端ならそっち廃止でいいよって感じなんだけど。無理して継続してもらうほどのもんじゃない。区民館とか色んなとこで休日だけとは言え似たような事やっててカブってるしね。

一方で行政・学校側からすると小学5年の女の子がチーズいりチヂミ食べて亡くなった事件もあった事だしトラブルを元から絶つってのはリスクマネジメントの基本ではある。うるさい親もいるんだろうね。放射能ゼロをコスパ無視して求めるとか。両立はなかなか難しい。学童おやつ継続を求める親御さん達はおそらくゼロリスク信仰ではないだろうから保護者側が両立を求めてるわけじゃないんだけど行政側から見たら保護者全体からの要望だもんね。

既に継続を願う会では自主的なおやつ提供に向けて動き出しているようでなんとかなると良いですけれど。