せーブログ

買物する際にお得かどうか調べちゃうくせに後で同じ事を調べ直してばっかり。なので記録を残す事に。似た状況の人の轍になれれば

OCN家計簿

妻が家計簿を付けているけれど手書きなので手間がかかる割に検索性に欠けるということで以前からデジタル化したいと思ってた。けれどいちいちPCを起動して入力となるとただでさえ億劫な記帳作業がさらに億劫になってしまうわけで断念していた。それがiPadの登場で変化してきたのでこれを機会に探してみた。

銀行やクレジットカードの明細を束ねるのにOCN家計簿を利用してみる。いくつか登録してみたところなるほどこれは便利だ。勝手に集計してくれる。面白くなって我が家の口座を全て登録してやろうとしたら使ってない口座やネットバンキングを開始してない口座がいくつか出てきて口座の大掃除になってしまった。まあ年末だしねって事で整理した。

まず気になっていたのはどこまで遡ってデータを取得してくれるか?という事だったが銀行は10月途中までしか遡ってくれなかった。銀行サイトではもっと長い期間データを保持しているがそこまでは取得しない仕様のようだ。クレジットカードはもう少しだけ長かった。なので11月分から試用してみる。

家計簿におけるカード払いの扱いは悩ましい。購入した日と決済日に2ヶ月ほどのタイムラグがあるからだ。我が家は買った日ベースで付けている。買った日ベースで記録し引き落とされたらチェックを入れる。OCN家計簿にすると買った日ベースで未確定情報が入って来るのでその点は自動化された。確定したらまた明細が入ってくるので未確定情報を計算対象外にして二重計上を回避する。そして2ヵ月後に銀行口座からの引き落としと付き合わせをして間違いがないかを確認するって感じかな。

  1. クレジット未確定明細が買った日ベースでOCN家計簿に登録される
  2. 確定明細が同じように入って来る
  3. 未確定明細を計算対象外にする
  4. 銀行口座からのクレジット引き落とし額と付き合わせる

こうやって書くとそんなに労力は軽減されてない。特に最後は個別の明細と明細合計のつき合わせだし何だかなあ。

水光熱費も登録出来るが資産管理の欄に出て来るだけで支払いは日々の明細に載ってこない。カードでの引き落としにしてるからそこはカード情報から取得する事でいいかな。11月分は11月に未確定ながら計上されている。

楽天カードがちょっとめんどくさいぽい。通常クレジット情報は未確定・確定と2明細が入ってくるので未確定と項目名に入っているものは確定が入ってきたら計算対象外にするという運用で良さそうだと思っていたが楽天は未確定・暫定・確定の3明細が入ってくるようだ。ううむ。

現金での買い物はzaimを利用することにした。iPadiPhoneで気軽に入力可能なのでこれは大きなメリットだと思う。妻の携帯はいわゆるガラケーかつ月額が7,000円超なのでiPhoneにしてしまおう。12月分の現金使用実績をiPad-zaimuで登録してみたが一部に「変換できないジャンルです」という表記が出てしまっている。明細を確認すると項目名が「変換できないジャンルです」で費目は大項目だけ登録されていて小項目は空欄。試しに再度同じ明細をzaimuから登録してみたら項目名は同じままで小項目まで登録された。費目を入力途中でいろいろと変えた影響っぽい。もうちょっと試してみる。

【送料無料】【主婦友セール_ポイント5倍】新レシート貼るだけ家計簿

新レシート貼るだけ家計簿
価格:550円(税込、送料別)

【送料無料】新春 すてきな奥さん 2013年 01月号 [雑誌]

新春 すてきな奥さん 2013年 01月号
価格:1,500円(税込、送料別)

【送料無料】がんばる私の家計ダイアリー

任天堂 がんばる私の家計ダイアリー 【NDS】
価格:3,480円(税込、送料別)