せーブログ

買物する際にお得かどうか調べちゃうくせに後で同じ事を調べ直してばっかり。なので記録を残す事に。似た状況の人の轍になれれば

クレジットカード比較

今まであんまり意識してなかったけどクレジットカードの還元率を比較してみた。とりあえず持ってるカードだけで。キッカケはメインで使っていたUCカードの還元率が下がった事。今までは1000ポイントで5000円のギフトカードだったのに今は4000円分。永久不滅ポイントという事で期限切れがないのは嬉しいけど結構な目減り。選んだ理由もメトロ定期券が買える唯一のカードだったからなんだけど今は他のカードでも買える。

定期券の購入に各種クレジットカードがご利用できます。クレジットカードご利用の際は、暗証番号が必要です。また、支払い回数は1回のみとなります。これらのクレジットカードは多機能券売機及び東京メトロの定期券うりばでご利用できます。

通勤・通学定期券|東京メトロ

UCカードの還元率は先に書いたけどこれ。

1000ポイントで4000円のUCギフトカード。(amazonギフトカードなら5000円だけど)
1000円で1ポイント貯まるので1000ポイントは1000P×1000円で100万円使った時。
100万円で4000円と言うと4000円/100万円なので0.4%の還元率。amazonギフトでも0.5%だ。

高還元率と言えば楽天カードなのでそっちも計算してみる。

楽天は1ポイントが1円なので1000ポイントで1000円にしかならない。
ただしポイント数だけで還元率は決まらないのでちゃんと計算する。
楽天は100円で1ポイント貯まるので1000ポイントは1000P×100円で10万円使った時。
10万円で1000円と言うと1000円/10万円なので1.0%の還元率。
UCカードの倍になってる。使える場所は楽天の中だけ。

イクスピアリカードとルミネカードについても。

イクスピアリも1ポイントが1円なので還元率は楽天同様1.0%になる。
使える場所はイクスピアリにあるショップのみ。

ルミネカードは1250ポイントで4000円なので計算がめんどくさい。
1000円で2ポイント貯まるので1250ポイントは1250/2×1000円で62万5000円使った時。
62.5万円で4000円と言うと4000円/62.5万円なので0.64%の還元率。
UCカードよりマシだけど楽天イクスピアリよりは劣る。
使える場所はルミネのみ。

他にも持ってるけど使ってないので以上だけでまとめると

カード種類 還元率1 還元率2
UCカード 0.4% 0.4%
楽天カード 1.0% 2.0%
イクスピアリカード 1.0% 2.0%
ルミネカード 0.64% 0.64%

還元率2っていきなり出したけどこれは楽天なら楽天内、イクスピアリならイクスピアリ内でカードを使用した場合と言えばいいのかな。逆に言うと還元率1はそれ以外で使った場合、つまり通常の還元率って事。我が家はイクスピアリに行く率が高いので基本はイクスピアリカードを使用して楽天内の買い物だけ楽天カードを使うというのが良い感じ。まったく使わないわけじゃないので楽天カード楽天以外で使っても大した影響はなさそう。定期券も2つのどっちかで買うことにしようかと。

これで一件落着と思いきやまだあります。ポイント倍付けキャンペーンです。所持カードではUCカード楽天カードでやってます。これは計算しましたが単純に還元率がその倍数になると思って良いです。

UCカード20倍ポイントの還元率は8%
楽天カード10倍ポイントの還元率は10%

これはすごい破壊力。もちろん頻繁には無いですけれど約8%オフ(7.4%)とか約10%オフ(9.1%)って事ですもんねえ。こうなるとショップによってはUCカードも使用価値が出て来る。家電量販店でポイント還元値引きにするか現金値引きにするかみたいな選択あるけどネットショッピングってカードありきだから現金値引きなんてなくてポイント還元がどれだけあるか?にかかってるし。


あれ、UCカードは経由するだけだから楽天で買い物をする時に使うとポイントを両得出来るって事?。例えば楽天でポイント3倍キャンペーンの商品を買う時に永久不滅.comを経由してUCカードで購入するとポイント2倍が入り、楽天ポイントも3倍が入ると。いや、なんか変だな?よくわからないなー、ちょっと試して結果を書きたいと思う。


予想だけしておくとUCカードの2倍+楽天ポイント3倍より経由せずに最初から楽天カードで買った場合の2倍+3倍の方が還元率が高い気がするなあ。UCカードは2倍でも還元率0.8%にしかならないけど楽天は2.0%だもんなあ。

【送料無料】超得!!最強のクレジットカード選び

超得!!最強のクレジットカード選び
価格:680円(税込、送料別)