読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せーブログ

買物する際にお得かどうか調べちゃうくせに後で同じ事を調べ直してばっかり。なので記録を残す事に。似た状況の人の轍になれれば

3号被保険者は高所得層に恩恵が偏っている?

 「専業主婦優遇」との指摘がある国民年金の「3号被保険者」制度をめぐり、会社員の夫の年収が高いほど、妻が3号の適用を受けている割合が高いことがわかった。夫の年収が900万円以上の場合で、7割を超えた。政府の男女共同参画会議の有識者グループが調べた。


 3号被保険者は、配偶者が勤め人で、本人が週30時間未満の就労で年収130万円未満の場合、保険料を納めなくても将来に国民年金がもらえる制度。3号ではない妻は、自分で国民年金や厚生年金などに入って保険料を払う必要がある。


 2010年の国民生活基礎調査に基づく集計では、妻が3号の割合は、夫の年収が900万円以上で73%だったのに対し、300万円以下では32%にとどまった。この結果について、有識者グループは「3号制度は女性の社会進出を制限するだけではなく、高所得層に恩恵が偏っており、見直しが必要だ」としている。


朝日新聞デジタル:妻が「3号被保険者」、年収900万円超世帯の7割以上 - 社会

ちょっと前にパートの厚生年金拡大案の意図は?を書きましたが案の定というか逆に思ったより早く3号廃止の話が出て来ましたね。これホントに高所得者層に恩恵が偏っているのかなー。ということでざっくり調査。

このPDFから平成22年分の割合を抜き出してみたのがこれ。
900万円超 1,000万円以下 740 (1.6%)
1,000万円超 1,500万円以下 1,294 (2.8%)
1,500万円超 2,000万円以下 276 (0.6%)
2,000万円超 2,500万円以下 82 (0.2%)
2,500万円超 98 (0.2%)
合計 2,490 ( 5.4%)・・・・・・・・・・・・・A

100万円以下 3,611 ( 7.9%)
100万円超 200万円以下 6,841 (15.0%)
200万円超 300万円以下 8,004 (17.6%)
合計 18,456 (40.5%)・・・・・・・・・・・・・B

900万超(249万人・A)のうち73%なので182万人。一方で300万以下(1,846万人・B)のうち32%なので590万人。つまり182万人に「高所得者ずるい!」を突きつけて3号を廃止すると低所得者の590万人も巻き添えと。こんなノリでいいのかなあと思ってしまうな。

ねんきん定期便」活用法 サラリーマンのための年金とお金の講座 (朝日新書) / 首藤 由之

引っ張ってきたのは給与所得者数のデータで世帯年収のデータと一緒くたにしていいのかどうかわからないって部分もあるし前のエントリでも書いたように払ってる人と払ってない人が同じように貰える仕組みはやっぱり不公平。だから3号廃止でいいと思うけど胡散臭い記事で世論の同意を得ようとするのはなんか嫌ですね。それとこれとは話が別というか。