せーブログ

買物する際にお得かどうか調べちゃうくせに後で同じ事を調べ直してばっかり。なので記録を残す事に。似た状況の人の轍になれれば

PB(プライベートブランド)の良し悪し

震災後、節電需要などから消費者が自宅で「安く楽しむ」(イオン)傾向が強まり、両社とも食料品や日用品、季節衣料などの生活必需品の売上高が伸びている。


 イオンは総合スーパー事業が全体の業績を牽引(けんいん)。期間中の既存店売上高は前年同期比0.6%増だった。自主企画商品(プライベートブランド)の商品数を増やし、消費者ニーズを取り込んだことも功を奏した。


イオンとセブン、経常益は最高 生活必需品好調の11年3-11月期 (フジサンケイ ビジネスアイ) - Yahoo!ニュース

最近気づいたんですけどセブンアンドアイのプライベートブランドって守備範囲が広がってる。昔はお菓子とかホントにちょっとした物だけだったと思うのに今じゃ「こんなものまで!」って商品まで。ビールとか水とかティッシュまではまあ想定内なんだけどセブンプレミアムを見ると入浴剤とか大学ノート、祝儀袋までとあらゆるジャンルで侵食してる。


で、こういうのって何か不安だなと思ってたんだけど商店街近くに大型スーパーがやってきて商店街を淘汰してしまう状況に似てるからか。大量生産で品質が同じ物を低価格で提供されたら潰される企業も出て来るだろうし。

イトーヨーカ堂が6月22日、首都圏で8店舗を展開するDS「ザ・プライス」で、同名のPBを発売した。セブン&アイ・ホールディングス(東京都/村田紀敏社長)傘下のGMS(総合スーパー)、SM(食品スーパー)各社が扱う既存のPB「セブンプレミアム」より1〜2割安く、NB商品に比べると3〜5割程度安い。


イトーヨーカ堂が6月22日に発売した新PB「THE PRiCE」シリーズ
 新PBは、6月22日に発売した食品16アイテム、住居関連商品40アイテムを皮切りに段階的に導入し、今期中に350アイテムまで拡大する。


イトーヨーカ堂が 低価格帯PB発売 ―「ザ・プライス」事業を加速|チェーンストアエイジInside&Outside|ダイヤモンド・オンライン

2009年の記事。この頃から加速し始めたって事か。もうちょっと調べたら同じ年に俺と同じ危惧が既に書かれてた。これ→小売業のPBブームは続くのか?:日経ビジネスオンライン。流行に疎くて申し訳ない気持ちに。


その記事をまとめると

・PBブームな今までもあったけど考えなしにやるとまたすぐ終わるよ
くめ納豆はそれで倒産してるしね
成城石井のPB戦略を見習えばいけるかもね

って感じか。この記事から2年経ってるけどプライベートブランドは終焉を迎えていない。戦略がハマったって事なのかな?価格差が2割以内ならプライベートブランドよりナショナルブランドが有利、とも書いてるけど確かにちょっとの差だったらセブンアンドアイって書かれてる商品は安っぽくて使ってると微妙な気持ちになるから選ばないもんなあ。一方で、そんな些細なこだわりも不景気が加速したらどうでもよくなるし。

ところでユーロホップってビールが美味しいのでこれもPB展開してもらえませんかね。(消費者の気持ちは不安定、な最たる例)